海外事業支援等

企業買収(M&A)

海外の企業買収にかかるロングリスト・ショートリスト作成、デューデリジェンス、契約関連を行っております。買収は、現地での販路、顧客、ノウハウ、必要な許認可を手に入れる効率的な方法ですが、高い専門知識を要する分野です。現地の法律・会計の専門家、企業、政府とのネットワークを活用いたします。 国内外にて、会社を買いたい・売りたいといったご相談を受けております。クライアント様のご要件に合った企業情報があるとは限りませんが、買収のタイミング・サイズに拘らず、気軽にご相談ください。

現地法人立上げ

(出張ベースでの調査や現地事務所立上げを経た)緻密な市場調査を前提に、進出国での事業可能性が高いと判断される場合には、ゼロからの現地法人立上げによる進出が効果的です。事前の入念な下調べを行っていないと、予期しなかった問題に直面される場合も往々にしてございます。撤退の場合の現地規制なども考慮したうえでのご決断が求められます。

市場調査

出張ベースでの調査や現地事務所立上げを行い、海外での製品販売、サービスの可能性について調査いたします。現地でのフォーカスグループや、製品サンプルを使って頂きインタビューとる等しております。但し、調査会社やオンライン調査だけで判断せず、現地に実際に赴き様々な方とお話をされて判断をして下さい。

業務提携

クライアント様の経営方針にマッチした提携先がいる場合、業務提携は敷居の低い海外進出方法です。現地の市場を熟知した提携先に現地での事業運営を担わせ、効率的な海外展開を実現することが出来るかも知れません。但し、業務提携の時点では相思相愛であっても、環境の変化等々により、方針が離れていく場合もよくあることです。提携先が競争相手に買収されてしまったケースもございました。提携先にとってクライアント様と提携する利点は何かというということ、そして、常に技術・ノウハウの保護などに気を配る必要がございます。

外国人観光客等のオンライン・オフラインでの集客

海外からのお客様に知ってもらう為、そして、オンライン店舗・リアル店舗等への訪問をして頂く為、オンラインでのプロモーションとオフラインでのプロモーションを行っております。具体例と致しまして、ブランド様のSNSサイト(フェイスブック、ツイッター及びインスタグラム並びに(中国人向けには)Weibo及びWechatのサイトを立上げ・運営)を通じて、新製品の情報やリアル店舗でのセールの情報、免税サービスの情報を届けます。オンラインのクーポンを海外で配布し、日本旅行の際の訪問に結びつけることもできます。

中央/ラテンアメリカ市場参入、アジア市場進出支援、ヨーロッパ市場進出支援

K&Lはヨーロッパ、ラテンアメリカ市場とアジアの架け橋です。K&Lは10年以上にわたって築かれた比類なき世界中のプロフェッショナルのネットワークが基礎になっています。これらの地域にて市場調査、法人登記から広告代理までサポートいたします。このネットワークにて世界中のお客様をサポートしてきた実績があります。

海外不動産相談

ベトナム、フィリピン、ラテンアメリカ(中米)の不動産のご相談なら弊社へ。 ベトナム、フィリピン、ラテンアメリカでは、日本の不動産に比べると割安な物件が多数ございます。中米の友人は、海を望む高層マンションにおりますが、日本の同様の物件の半額以下です。先進国では望めない成長力も新興国の一番の魅力です。 但し、新興国だからといって常に安く不動産が買えるとは限りません。新興国でも中国を筆頭に日本より高くなっている地域が増えております。東南アジアでは不動産投資ブームがおきており、物件数が飽和気味な地域も出ててきております。純粋なキャピタルゲインを求めるのではなく、グローバルの時代の資産運用リスクの分散をお考えの方や、気候の良い地域に別荘を持ちたい方には適切な選択といえます。 日本では、東京、大阪といった大都市の中心を除いては、マンションの売れ残り、空家が急増しております。東京の郊外でさえも、空き家が目立っております。人口よりも不動産のほうが多い事実から仕方のないことです。日本の人口はさらに減りますので、今の状況は更に厳しさを増すと考えられます。最近では、海外旅行も珍しくなくなり、海外リゾートにロングステイされる方も増えております。海外不動産に対する違和感も昔ほどではなくなってきました。 最近は、日本でも海外不動産を扱う会社が増えてきております。優良な会社さんも多くおられると思いますが、大手さんであっても中には現地に直の情報網を持たずブローカーを多数仲介した「まったく儲からない物件」の紹介をしているように見受けられます。よい物件は現地の中華系、韓国系の商人さん達が当の昔に手をつけており、儲かった後の「食べかす」が回りまわって日本の不動産屋さんまできたと考えられます。その意味では、しっかりとした窓口を選べば、海外不動産は魅力が高いといえますが、下手なところの紹介では、かなり問題な不動産を売りつけられる惧れがあります。弊社は、大きな博打ではなく、物件の精査を重視しますので、実際に現地に赴き見ていただくことを必ずお勧めします。ベトナム、フィリピン、ラテンアメリカの不動産ツアー(通常個人、複数人へのアテンド)も行っております。オフィス物件やリゾート開発や飲食などで参入される方からのご相談も随時お受けしております。

事業計画作成

アジア市場と同じく、ラテンアメリカの経済成長は目覚しく、今が参入のチャンスです。また、ヨーロッパは経済規模が大きく見逃せない市場です。多言語・多文化の市場なのでK&Lの現地のコネクションが最大活用されます。どのように市場参入するか、すでに参入されているならどのように事業拡大をするか、現地の情報・コネクションを有すK&Lが事業計画の作成をサポートします。

海外移住相談

ベトナム、フィリピン、ラテンアメリカ(中米)へのロングステイ、移住のご相談なら弊社へ。ビザのご相談受け付けております。ロングステイは簡単ですが、海外永住はよほどの事がない限りお勧めはしておりません。コスト面だけで考えれば、フィリピン、ベトナムは日本より物価が安いのは確かです。しかし、中米ではコスタリカ、パナマなど日本の物価と同様・それ以上の地域もございます。食の安全につきましても、日本では安全なものが安価で食べられるのですが、海外では日本のそれ以上に払ったとしても、質についての保証はありません。その意味では、日本の地方に移住するほうがメリットはあります。 慣れてくれば、安くて安全でおいしいレストランなども見つかってくるでしょうが、初めの数年は日本の生活レベルを求めるのであれば、日本以上にコストがかかると考えたほうがよいと思います。また将来的な物価の上昇にも注意が必要です。ある程度生活に余裕があり、異国情緒が好きな方、海外旅行がお好きな方、とっては海外でのリゾート暮らしは快適なものになるでしょう。

広告

K&Lはヨーロッパ、ラテンアメリカそしてアジアで広告代理店機能を有します。お客様の製品・サービスの販促の為、現地ネットワークを用いK&Lはテレビ、ラジオ、インターネット、雑誌、展示会など多方向からのマーケティングを実現します。