ドイツ経済は、2017年も成長 Germany Economy Prospect Even Better for 2017(JP)

昨日までドイツからの出張者のコーディネートをしておりました。欧州の高級ブランドショップへのカスタマイズした調度品のデザイン・製造・施工や富裕層向けのヨットを製造しているメーカーさんです。ご興味あればご連絡を。
さて、今回はドイツの2017年市況について記述いたします。
2017年第一四半期で、ドイツ経済は0.6%成長を遂げました。当初の予測を上回る成長となります。


昨年度10月には、ドイツは25年ぶりの雇用水準を記録しました。輸出および政府の支出も増大中で、2017年の高い成長を遂げると予測されていたところです。


2007年、2008年の金融危機以降、雇用状況は改善しており。2010年以降は毎年改善を続けています。失業率は現在約4%となり、10%を前後するフランス、イタリアの半分であります(参照:ブルームバーグ)。

2017年の成長率は1.7%、2018年は1.6%が予想されます。この成長の下支えとなるのは、雇用をベースにした消費と建設、インテグレーション制度等の難民の受け入れによる公共投資が考えられます。難民が欧州全体で社会問題の一因となる一方で、ドイツ政府の余剰資金は、難民の労働力への転化へ投資されることになります。
そして、更なる成長のけん引役は機械や装置の輸出産業です。2016年8月には、6年来最大の成長を遂げました。英国と米国では政治不安が影を落とすものの、次期選挙においても現職アンゲラ・メルケル氏が勝利すると目されており、この安定政権のもと、GDPのほぼ半分を輸出で稼ぐドイツでは、8月の記録は市場の期待を高めています



ドイツ市場進出、法人登記などご相談を


info ( at )kugellau.com