会社情報

ご挨拶

本ウェブサイトにお越しいただき誠に有難うございます。

海外進出が当たり前になってまいりました。このページをご覧になっている方が現在海外進出についてどの段階にいらっしゃるかは分かりかねますが、もし、ここ数ヶ月間オンラインで情報収集をされているのであれば、明日にでも進出を考える国への航空チケットを購入されることをお薦めします。人から聞いた話、オンラインで調べた情報が現地では全く異なることはよくあります。
仕事柄、海外進出のご相談を日々受けますが、100%正しい回答のない仕事と感じます。その中で、全力を尽くし、最大の効果を挙げることが使命です。新興国の事情は特に、経済状況、法制度、政府が簡単に変わってしまったり現地の専門家によっても情報が異なります。そして、それら異なる情報が全て正しい場合もあり、全て間違っている場合もございます。そこを判断するのは、現地にどれだけの信頼の置ける人間を知っているか、現地の土地勘が大切になります。

海外市場に進出する際に、十分な事前調査を行わないのは、準備運動をしないで海に飛び込むのと同じです。但し、情報収集ばかりしていても、時間と費用だけが浪費されます。限られた時間とご予算の中で決断を求められる局面は多々あり、刻々と変化する状況の中、現れたチャンスをつかむ為、時にはご自身の勘に基づき動かなければならないことも御座います。

会社立ち上げ以前も含めますと、10年近く海外進出支援をしてまいりました。弊社の強みは、営業活動・販路拡大に直接かかわるサービス、現地法人登記・現地会計周りの専門性、現地の現地人で構成されるネットワーク、あらゆる性質、あらゆる業界のプロジェクトに対応できる柔軟性、世界のどこへでも飛べる機動性ではないでしょうか。

努めておりますのは、クライアント様の利益の最大化とリスクの低減を如何に図れるか、クライアント様にとって耳の痛い話でも、ダメな事はダメといえる姿勢です。弊社が行動を共にする海外の専門家たちは私が長年苦楽を共にした友人たちです。ビジネスという垣根を越えた信頼関係の下で現地視点で物事を考える先に成功があるのではと存じます。

新規事業や国内で会社を立ち上げ成功することと似ておりますが、海外進出で成功するのは簡単ではありません。国内で努力・失敗を重ね成功したとしましても、海外に出れば一からやり直しです。費用も時間もかかります。予想外の課題に直面しそれらを全力で解決していく忍耐力、前向きな思考が求められます。

その難しさの反面、国内には無い新たなビジネスチャンスが見つかることも良くあります。どのような規模の企業様も一度は海外進出のご検討をする価値があります。弊社のミッションはできるだけ多くの企業様に世界で成功して頂くことです。もし、少しでも海外市場にご興味御座いましたら、先ずはお気軽にご連絡下さい。

小暮 泰 



Partner for APAC



会社基本情報

設立 2013年

事業内容



海外営業・販路拡大活動
海外企業調査(事業提携先の洗い出し、競合調査、信用調査など)
海外企業買収(ロング・ショートリスト作成、デューデリジェンスから契約関連まで)
中米・東南アジア不動産投資
移民相談
海外市場調査(営業代行、マーケティング調査など)
海外ビジネスコンサルティング(海外進出戦略の考案など)
海外法律・財務・会計(法人登記、ビザなど海外での事業スタートの支援や知的財産権出願など)
海外観光客集客施策(ウェブサイトの多言語化、海外観光客への接客研修)
アプリ開発、ウェブサイト作成(バングラディシュでの開発拠点とのアライアンス)

実績

ドイツ、オランダ、フランス、スペイン、イタリア、スイス、イギリス、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、チェコ、ロシア、中国、台湾、ベトナム、マレーシア、フィリピン、タイ、ラオス、シンガポール、アメリカ合衆国、パナマ、キューバ、グアテマラ、ドミニカ、メキシコ、ブラジル

取引金融機関


三菱東京UFJ銀行


みずほ銀行


K&L拠点(連絡窓口): 東京(日本)、ハンブルク(ドイツ)、上海(中国)、ホーチミン(ベトナム)、パナマ、コスタリカ、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、ドミニカ共和国(カリビアン地域)